DeMark 指標 TD Range Expansion Index (REI)

TD Range Expansion Index (REI) は主にダイバージェンスの分野において、

わたしが最初に使い始めたDeMark指標のひとつです。

結論としては、REI はシグナルとしては発生するのが早過ぎるものではありましたが、

警告的な意味では大変使い勝手がいいものでした。

つまり、長期のヒストリカルチャートでのリスクを鑑みると相当なもの、かつ想像以上のものでした。

その後、日中足のチャートに切り替えリスクをより良く管理できるか確認すると、

より深くシグナルに精通する必要性に迫られました。

注目すべき点はTD ComboR とこのREI 指標との組み合わせでした。

初期設定ではREI はすでに数多くのシグナル表示していたので、TD Comboにマッチさせるためにも、

設定期間を5日から13日に変更、そして5日移動平均線を追加し指標をスムーズにしました。

これにより“買われ過ぎ”と“売られ過ぎ”のシグナルを過度に表示しないようにしました。

昔ながらの手法ではREI はTD Combo シグナルを条件付けるために使用されます。

しかし、シグナルの数そのものではなく、いかにパワフルなシグナルを表示させるか、

これがわたしの好みの手法です。下図は30分足のE-miniチャートを例にしてみました。

売りの設定は赤色の数字13から始まり、この青13のバーの終値を基準に横線を引きます。

その後、以下条件のシグナルを設定します:

 

1. ネガティブを示す青い数字の9のバーが表示され、かつ

2. そのバーが赤の13の終値より低い値の場合

 

これが意図することは、強気な下値暗示に対する反発が弱いということになります。

このシグナルは青9のバー上にあるREIシグナル(赤い下矢印)と同時もしくはその直後に発生します。

 

このページは TD Range Expansion Index を意訳したものです。原文の意図と異なる場合があります。

(筆者)ショーン・ダウニー
CQGテクニカルアナリスト、Trading Timeの著者。16歳の時にRudolf Wolff コモディティブローカーにて取引のキャリアを開始。7年後、Fulton Prebonにて債権の取引をする。その後、ロイター社に入社しGlobexのプラットフォームのチームの発足とデザインに従事。また海外取引所・債権・オイルそして45市場をカバーする株式指数についてのデイリー・ウィークリーのコメンタリーを書く傍ら、CQGにてテクニカルアナリストとしてテクニカル解析の教育・コンサルティング・促進を世界中にて行う。

 

免責事項:

取引と投資は高いレベルのリスクを伴います。CQG, Inc. はいかなるお取引に関しても助言を行いません。CQGでは弊社における取引ツールの使用方法に関する教育的な情報をご提供します。ご自身の取引・投資の意思決定もしくは登録済み投資顧問へのご相談はお客様・読者のご判断となります。